予防法務の重要性とは

「企業法務の役割に予防法務というものがあると耳にしたが、実際の業務としてはどのようなものがあてはまるのだろうか。」
「発生した法的トラブルに追われて、契約書のリーガルチェックなどができていない状態だ。やはりこの状態は改善すべきだろうか。」
企業法務について、こうしたお悩みをお持ちの経営職の方・管理職の方は、決して少なくありません。

 

このページでは、企業法務にまつわる数多くのテーマのなかから、予防法務の重要性について焦点をあて、詳しく説明してまいります。

 

■予防法務とは
予防法務とは、企業法務の役割のなかでも、法的なトラブルを回避する役割に重点を置いた業務のことをさします。

 

予防法務の代表例としては、契約書のリーガルチェックがあります。リーガルチェックとは、法的な問題がないかどうか審査することをさします。
契約書のリーガルチェックをすることで、法的に問題のある契約を排除できるだけではなく、自社にとって不利益となるような条項を排除することができます。また、記名押印する相手が誰なのか、日付に間違いはないか、実際の取引内容に適合した契約内容となっているかなどについて確認し、後日トラブルとなることを防ぎます。
契約書のリーガルチェック以外にも、社内の内部統制システムの構築や、取引先が反社会的勢力でないことの確認などが予防法務に該当します。

 

■予防法務の重要性
予防法務は、トラブルを未然に防ぐ業務内容ですので、一見すると一般の方にとっては重要性が分かりづらいかもしれません。
しかしながら、予防法務は非常に重要な業務です。

 

ひとたび企業が法的なトラブルに見舞われると、その対応に割かれるコストが日々積み重なっていきます。トラブルとなっている相手だけではなく、そのほかの取引先や顧客からの信頼も低下するなどのレピュテーションリスクもあります。
たった一つの法的なトラブルで、企業が被る損失は膨大なものとなってしまうのです。

 

予防法務は、そうした損失を未然に防ぎ、事業の継続的な成長の基盤となるのです。

 

予防法務は、社内の法務担当だけで対応することが難しい場面が多々あります。
とくに、多くの中小企業では、法務部門がなかったり、専任の法務担当者がいなかったりと、対応に苦慮されています。
弁護士は、法律と交渉のプロフェッショナルとして、企業法務を会社の外側から支えていきます。

 

弁護士 大澤 栄一(新麹町法律事務所)は、東京都千代田区麹町を中心として、都内や関東地域の皆様からご相談を承っております。
企業法務をはじめとして、相続、交通事故、不動産トラブル離婚問題、労働問題など、幅広いご相談を承っております。
初回は無料相談となっており、事前にご予約いただければ休日・時間外も対応可能です。
企業法務でお悩みの方は、弁護士 大澤 栄一(新麹町法律事務所)までどうぞお気軽にご相談ください。

よく検索されるキーワードSearch Keyword

弁護士紹介Lawer

大澤栄一弁護士の写真

問題を抱えたお一人おひとりのお話を丁寧に聞き取り、相談を終えた後には、笑顔で家路につけるような対応を心がけております。事案によっては、複数の弁護士がチームを組んで依頼者様を強力にサポート致します。

  • 弁護士
    大澤 栄一(おおさわ ええいち)
  • 経歴
    • 平成12年4月 弁護士登録、新麹町法律事務所入所
    • 平成17年3月(~平成18年2月)日本弁護士連合会代議員
    • 平成17年4月(~平成18年3月)東京弁護士会常議員
    • 平成21年12月(~平成25年11月)東京弁護士会綱紀委員
    • 平成25年4月(~平成26年3月)関東弁護士連合会理事
    • 平成27年4月(~現在)関東弁護士連合会「法曹倫理教育に関する委員会」事務局長
    • 平成30年4月 (~現在) 東京都弁護士協同組合 総代 現在に至る

事務所概要Office Overview

名称 新麹町法律事務所
代表者 大澤 栄一(おおさわ ええいち)
所在地 〒102-0083 東京都千代田区麹町3-7-4 秩父屋ビル5F
TEL・FAX TEL:03-3234-0511 / FAX:03-3234-0510
対応時間 平日 / 9:30~17:30まで ※事前予約で時間外の対応可能
定休日 土・日・祝 ※事前予約で休日も対応可能
事務所外観