企業法務に関する基礎知識や事例

「社内のコンプライアンス体制を強化したいが、対応できる人材がおらず困っている。」
企業法務について、こうしたお悩みをお持ちの経営職の方・管理職の方は数多くいらっしゃいます。

企業法務とは、一般的に、法律が深くかかわる会社の業務のことをさします。
企業はその成立の基礎が法律であり、事業活動においても法律が関係する場面が多くあります。
そのため、企業法務の業務内容は多岐に渡り、多くの方がイメージしにくいものとなっているのです。

企業法務には3つの役割があります。
1つ目は、臨床法務とよばれる役割です。
臨床法務とは、発生した法的トラブルに対応する役割をさし、訴訟対応や倒産した顧客からの債権回収などが該当します。
2つ目は、予防法務とよばれる役割です。
予防法務とは、法的トラブルの発生を未然に防ぐ役割をさし、契約書のリーガルチェックなどが該当します。
3つ目は、戦略法務とよばれる役割です。
戦略法務とは、法律や条約など法的な枠組みを企業の経営戦略に活かす役割をさし、企業買収などが該当します。

このように、企業法務と一口にいっても、その役割や業務内容は幅広いものなのです。
近年は大企業の不祥事が相次いでおき、会社のコンプライアンスに対する姿勢が、市民からの厳しい視線にさらされています。
また、長期的な利益を目指すため、ステークホルダーはESGやSDGsといった新しい企業価値の尺度を利用しはじめています。
企業法務がもつ重要性は、ますます高まっているのです。

企業法務でお悩みの方は、弁護士 大澤 栄一(新麹町法律事務所)までお気軽にご相談ください。

よく検索されるキーワードSearch Keyword

弁護士紹介Lawer

大澤栄一弁護士の写真

問題を抱えたお一人おひとりのお話を丁寧に聞き取り、相談を終えた後には、笑顔で家路につけるような対応を心がけております。事案によっては、複数の弁護士がチームを組んで依頼者様を強力にサポート致します。

  • 弁護士
    大澤 栄一(おおさわ ええいち)
  • 経歴
    • 平成12年4月 弁護士登録、新麹町法律事務所入所
    • 平成17年3月(~平成18年2月)日本弁護士連合会代議員
    • 平成17年4月(~平成18年3月)東京弁護士会常議員
    • 平成21年12月(~平成25年11月)東京弁護士会綱紀委員
    • 平成25年4月(~平成26年3月)関東弁護士連合会理事
    • 平成27年4月(~現在)関東弁護士連合会「法曹倫理教育に関する委員会」事務局長
    • 平成30年4月 (~現在) 東京都弁護士協同組合 総代 現在に至る

事務所概要Office Overview

名称 新麹町法律事務所
代表者 大澤 栄一(おおさわ ええいち)
所在地 〒102-0083 東京都千代田区麹町3-7-4 秩父屋ビル5F
TEL・FAX TEL:03-3234-0511 / FAX:03-3234-0510
対応時間 平日 / 9:30~17:30まで ※事前予約で時間外の対応可能
定休日 土・日・祝 ※事前予約で休日も対応可能
事務所外観