弁護士 大澤 栄一(新麹町法律事務所) > 交通事故 > 人身事故の示談交渉において知っておくべきポイントとは

人身事故の示談交渉において知っておくべきポイントとは

人身事故に遭遇してしまった場合に、どのようにして加害者と示談交渉を進めるべきなのでしょうか。以下では、人身事故の示談交渉における知っておくべきポイントについてご紹介します。

 

示談交渉を行う際に最初に行うべきことは、加害者の加入している保険会社と交渉を開始することです。そして、人身事故によって負った症状によっては、後遺障害等級を申請します。弁護士に依頼すると、事故で生じた損害賠償金額を弁護士が計算して、加害者加入の保険会社と交渉を進めます。弁護士と保険会社との示談が成立すると、示談書が作られて、これをもとに示談金が支払われることになります。

 

もっとも、示談交渉は弁護士に依頼せずともご自身で行うことも可能ですが、弁護士に依頼することでより多くの慰謝料を受けることができる可能性があります。
交通事故の慰謝料の計算方法には、「自賠責基準」、「任意保険基準」、「弁護士基準」の3つが存在し、これらの中でも弁護士基準によって計算した慰謝料がもっとも高額になります。

 

ご自身で保険会社と示談交渉を行うと任意保険基準や自賠責基準によって慰謝料の金額が算出されてしまう可能性がありますが、弁護士に示談交渉を依頼することで、弁護士基準により慰謝料を計算してもらえ、より多くの慰謝料を手にすることを期待できます。

 

さらに、弁護士に示談交渉を依頼することで、心理的ストレスが軽減されるといえます。人身事故に遭った直後は休養を取る必要があり、病院への通院なども必要になります。これに加えて、心理的ショックを受けている場合が多いです。このような時期に保険会社と慰謝料の金額について交渉することは非常に重い負担になることが考えられます。そこで、このような交渉を弁護士に依頼することで、ご自身にかかる負担が軽減されるといえます。

 

以上が、示談交渉のおおまかな流れと知っておくべきポイントです。上記の通り、全てご自身で行うことも可能ですが、弁護士と協力しながら行うことで多くのメリットを受けることができます。

 

新麹町法律事務所は、千代田区、港区、文京区などを中心に、相続問題、交通事故、借地・借家問題、離婚、破産・任意整理、企業法務などのお客様の法律相談を承っております。どんな些細な相談でも構いませんので、どうかお気軽にご相談ください。

よく検索されるキーワードSearch Keyword

弁護士紹介Lawer

大澤栄一弁護士の写真

問題を抱えたお一人おひとりのお話を丁寧に聞き取り、相談を終えた後には、笑顔で家路につけるような対応を心がけております。事案によっては、複数の弁護士がチームを組んで依頼者様を強力にサポート致します。

  • 弁護士
    大澤 栄一(おおさわ えいいち)
  • 経歴
    • 平成12年4月 弁護士登録、新麹町法律事務所入所
    • 平成17年3月(~平成18年2月)日本弁護士連合会代議員
    • 平成17年4月(~平成18年3月)東京弁護士会常議員
    • 平成21年12月(~平成25年11月)東京弁護士会綱紀委員
    • 平成25年4月(~平成26年3月)関東弁護士連合会理事
    • 平成27年4月(~現在)関東弁護士連合会「法曹倫理教育に関する委員会」事務局長
    • 平成30年4月 (~現在) 東京都弁護士協同組合 総代 現在に至る

事務所概要Office Overview

名称 新麹町法律事務所
代表者 大澤 栄一(おおさわ えいいち)
所在地 〒102-0083 東京都千代田区麹町3-7-4 秩父屋ビル5F
TEL・FAX TEL:03-3234-0511 / FAX:03-3234-0510
対応時間 平日 / 9:30~17:30まで ※事前予約で時間外の対応可能
定休日 土・日・祝 ※事前予約で休日も対応可能
事務所外観