法定相続 人 放棄

  • 法定相続人の範囲と順位

    遺言で相続の指定がなされた場合を除いて、誰が相続できるかは法律上範囲や優先順位が決まっています。 まず、配偶者は必ず相続になります(民法890条)。そして配偶者の他に最も高順位で相続できるのが子です(887条1項)。子には養子も含まれます。配偶者と子で相続した場合、その割合はそれぞれ2分の1ずつです。そのため...

  • 相続放棄の基礎知識|手続き方法や期限、注意点など

    「相続放棄」とは、亡くなった故の遺した財産を法定相続が一切承継しない場合に行う意思表示のことをいいます。この手続きは、故が借金などのマイナスの財産を有していた場合に、これを承継したくないというような場合に用いられます。また、法定相続である兄弟姉妹間の相続トラブルに巻き込まれないように相続放棄を行う場合もあ...

  • 法定相続分と遺留分について

    相続が開始すると、相続財産を相続間で分配します。その際、遺言があれば基本的にはその通りに財産を分配しますが、遺言がない場合、遺産分割の割合が定まっていない場合は、法定相続分に従って分配することになります。このように法定相続分とは、法が定めた相続が相続する財産の割合のことをいいます。法定相続分の規定は民法900...

  • 遺産分割協議とは

    相続が開始すると、被相続が生前有していた財産の分配をします。そのために誰にどの財産をどのくらい分配するかを話し合いで決めることを遺産分割協議といいます。法的相続には法定相続分が定められているため、原則その割合に従って分割をします。相続財産がすべて金銭であれば分配しやすいですが、中には不動産なども含まれます。

  • 遺留分減殺請求の時効

    遺留分を侵害するような遺産分割がされた場合は、遺留分侵害額請求を行い、相続財産を譲り受けたに対して金銭返還を命じることができます。 たとえば、遺言や生前贈与、死因贈与によって特定の相続や第三者に対して、すべての遺産を承継させたような場合です。遺留分とは、特定の法定相続に定められた最低限確保できる相続分のこと...

  • 法律問題で弁護士に相談・依頼できること

    例えば、不動産に関する登記手続きなど事務的なものや、建物から立ち退いてほしい、お金を返してほしいなどの理由で訴訟に発展したものの代理を務めること、訴訟に発展する前に当事者間の交渉を取り持つことなどが弁護士の仕事です。他にも、近年増えている相談事といえば、インターネットで勝手に写真を貼られた、虚偽の事実を書かれて...

  • 労働問題

    他にも労働問題の場合、請求に必要な資料や証拠を雇用主が持っていることも多いうえ、賃金の計算も複雑で個での請求が難しいともいえます。一方雇用主側としても、従業員と円滑に事業を運営し会社を発展させていくためには、法令に則った業務をする必要があります。そのため、就業規則の作成などは、弁護士の助言を得て行うことで、トラ...

  • 自己破産

    また、自己破産した場合でも、家族が借金の保証になっていた場合には、その保証が返済をしなければなりません。そのため、保証を頼んでいる場合は、自己破産をすると多大な迷惑をかけるということに注意しなければなりません。加えて自己破産後はクレジットカードの使用も難しくなります。 上記のように、自己破産すれば債務の返済...

  • 不動産トラブル

    また、賃貸借の場面であげられるトラブルは、賃貸借契約を解除して賃借に立ち退いてもらいたいのに出て行ってくれない、賃貸借契約は終了したが賃貸から敷金の返還がされない、などがあげられます。また、それ以外の場面でも、土地を買ったが知らないが不法占有していたなどの問題が生じます。このような場合、個では解決できない...

  • 企業法務を弁護士に依頼するメリット

    「契約書のリーガルチェックを拡充したいが、適した材がいないために進んでいない。どうにかできないだろうか。企業法務について、こうしたお悩みをお持ちの経営職の方・管理職の方は、決して少なくありません。 このページでは、企業法務にまつわる数多くのテーマのなかから、企業法務を弁護士に依頼するメリットについて焦点をあて、...

  • 顧問弁護士がいるメリット

    また、法同士の契約トラブルなどでは初動が遅れると損失が拡大していくことも多くあります。顧問弁護士がいれば、スピーディーかつトータルコストを抑えて相談することができます。 2つ目は、顧問弁護士が会社にとって相談しやすく信頼できる弁護士になるという点です。相談する弁護士が変わると、契約書のリーガルチェックなどの法律...

  • リーガルチェックの必要性について

    「民法が大きく改正されたときいたので、契約書の見直しを行いたいと考えているが、適切な材が社内におらず、困っている。「契約書については基本的に取引先から提示されたものを利用しているが、問題があるのだろうか。契約書について、こうしたお悩みをお持ちの経営職の方・管理職方は、決して少なくありません。 このページでは、企...

  • 企業法務の業務内容とは

    ときには、社員から個的な相談を受けることもあります。 法である会社は、その成り立ちから事業活動に至るまで法律が関係しているため、企業法務の業務範囲が広くなるのも、当然といえるかもしれません。 ■企業法務の歴史日本において企業法務が広がりをみせたのは、高度成長期以降のことです。それまで、法的なトラブルは会社の顧...

  • 交通事故問題で弁護士に相談できること

    多くの方が交通事故と聞いて思い浮かべるであろう身事故では、怪我の治療が最優先になります。しかし、加害者に対して損害賠償請求を行うことも非常に重要です。損害賠償は、事故後の生活基盤となる重要な問題なのです。 交通事故において、弁護士に相談できることは、数多くあります。たとえば、過失割合については、過去の裁判例をも...

  • 逸失利益とは

    死亡事故とは、交通事故のなかでも、“が亡くなられてしまった交通事故”をさします。死亡事故における逸失利益とは、被害に遭われた方が、亡くなるまでにどれほどの利益を得られたかが算定されます。会社員の方は、直近の給与などから算定されますが、自営業の方や専業主婦の方、学生の方が被害者となった場合でも、請求することができ...

  • 示談交渉を弁護士に依頼するメリット

    また、身事故や死亡事故の際に加害者に請求できる慰謝料については、自賠責保険基準、任意保険基準、弁護士基準の3つの基準がありますが、そのなかでももっとも手厚い弁護士基準で算定することができます。 弁護士 大澤 栄一(新麹町法律事務所)は、東京都千代田区麹町を中心として、都内や関東地域の皆様からご相談を承っておりま...

  • 相続問題を弁護士に相談するメリット

    たとえば、相続が開始すると、相続財産の調査や相続調査を行います。これを正確に行わなければ、後の遺産分割が円滑、正確に行われません。遺産分割の場においても、相続財産が不動産であるなど評価額が難しい場合や、相続の仲がそもそも不仲である場合には、話し合いがまとまらずトラブルに発展することもしばしばあります。トラブル...

  • 成年後見制度と家族信託の違いとは

    成年後見制度とは、高齢者など判断能力の不十分なに対してその財産管理や法律行為のサポートをする制度のことです。成年後見制度とは、法定後見と任意後見に分かれます。法定後見は、判断能力が下がった後において、家庭裁判所に申し立てて後見を選任し、後見を開始させます。一方任意後見は判断能力が下がる前にあらかじめ選...

  • 遺言書の効力

    遺産を誰に渡すか、何を渡すか、他の相続との間で分配割合はどうするかなど、主に遺産分割の方法を指定することが多いです。遺言書には3つの方法があります。 ■自筆証書遺言個で自由に作成できる遺言の方法です。もっとも専門家を通さないため、遺言書の形式が守られているか注意することが必要です。形式不備があると、せっかくし...

  • 交通事故の被害者が死亡した場合

    通常示談交渉の相手方は、交渉に長けている保険会社が行うため、素が有利に交渉を行うには限界があります。そのため、知識と経験を有する弁護士に依頼することが適切といえます。 一方で、死亡事故のように賠償額が大きくなる場合や、刑事裁判となる場合には、加害者側も弁護士を依頼することができます。事故を起こしてしまい、周囲を...

  • 遺言書の種類と作成方法

    公正証書遺言とは、遺言者が生前公証役場において公証立会いの下作成する遺言書のことをいいます。具体的には、遺言者本であることを証明するための実印と印鑑証明書を用意し、2以上の証と一緒に公証役場に行きます。そして、公証に遺言の内容を伝え、遺言書を作成してもらうこととなります。公正証書遺言は、作成時に公証に...

  • 人身事故の示談交渉において知っておくべきポイントとは

    身事故に遭遇してしまった場合に、どのようにして加害者と示談交渉を進めるべきなのでしょうか。以下では、身事故の示談交渉における知っておくべきポイントについてご紹介します。 示談交渉を行う際に最初に行うべきことは、加害者の加入している保険会社と交渉を開始することです。そして、身事故によって負った症状によっては、...

よく検索されるキーワードSearch Keyword

弁護士紹介Lawer

大澤栄一弁護士の写真

問題を抱えたお一人おひとりのお話を丁寧に聞き取り、相談を終えた後には、笑顔で家路につけるような対応を心がけております。事案によっては、複数の弁護士がチームを組んで依頼者様を強力にサポート致します。

  • 弁護士
    大澤 栄一(おおさわ ええいち)
  • 経歴
    • 平成12年4月 弁護士登録、新麹町法律事務所入所
    • 平成17年3月(~平成18年2月)日本弁護士連合会代議員
    • 平成17年4月(~平成18年3月)東京弁護士会常議員
    • 平成21年12月(~平成25年11月)東京弁護士会綱紀委員
    • 平成25年4月(~平成26年3月)関東弁護士連合会理事
    • 平成27年4月(~現在)関東弁護士連合会「法曹倫理教育に関する委員会」事務局長
    • 平成30年4月 (~現在) 東京都弁護士協同組合 総代 現在に至る

事務所概要Office Overview

名称 新麹町法律事務所
代表者 大澤 栄一(おおさわ ええいち)
所在地 〒102-0083 東京都千代田区麹町3-7-4 秩父屋ビル5F
TEL・FAX TEL:03-3234-0511 / FAX:03-3234-0510
対応時間 平日 / 9:30~17:30まで ※事前予約で時間外の対応可能
定休日 土・日・祝 ※事前予約で休日も対応可能
事務所外観