景品表示法 とは

  • 離婚

    協議離婚とは、夫婦が互いに話し合いを行い、合意することで成立させる離婚のことをさします。協議離婚の手続きとしては、夫婦双方が必要事項を記入した離婚届に署名捺印し、役所に提出するだけという、極めてシンプルなものです。多くの方が離婚と聞いてイメージされる手続きがこの協議離婚であると思われますが、実際、日本で成立してい...

  • 自己破産

    自己破産とは、裁判所に破産申立書の提出をし、借金をゼロにするための免責許可を求めることをいいます。これは、裁判所において債務の支払いが不能と判断された場合に免責されます。借金の額や債務者の収入、資産の状況等から総合的に判断されます。自己破産をする場合、家や車など財産がある場合には、それらを処分して債権者に配当しな...

  • 企業法務を弁護士に依頼するメリット

    一般に、企業法務とは、法律が深く関係する会社の業務全般をさします。企業は、その成り立ちから法律が基盤となっているだけではなく、事業活動においても多くの法律が関係しています。企業法務は、会社を支えていく業務といっても、過言ではないのです。 とくに近年は、大企業の不祥事が数多く発生しており、企業のコンプライアンスに対...

  • 予防法務の重要性とは

    ■予防法務とは予防法務とは、企業法務の役割のなかでも、法的なトラブルを回避する役割に重点を置いた業務のことをさします。 予防法務の代表例としては、契約書のリーガルチェックがあります。リーガルチェックとは、法的な問題がないかどうか審査することをさします。契約書のリーガルチェックをすることで、法的に問題のある契約を排...

  • 顧問弁護士がいるメリット

    ■顧問契約とは顧問契約とは、何か特定の契約様式があるのではなく、顧問として契約を結ぶ内容の契約全般をさします。顧問弁護士とは、顧問契約を結んだ弁護士のことをさすのです。なお、会社と顧問契約を結ぶ相手は弁護士に限られません。公認会計士や税理士、行政書士のような士業をはじめとして、腕利きのエンジニアなどと顧問契約が結...

  • リーガルチェックの必要性について

    ■リーガルチェックとは一般的にリーガルチェックとは、主に契約書について法的な問題がないかを確認する業務のことをさします。契約書以外でもこのキーワードが用いられることがありますが、あまり一般的ではありません。 契約書と一口にいっても、その内容はさまざまです。取引基本契約書、秘密保持契約書、ソフトウェア開発委託契約書...

  • 企業法務の業務内容とは

    ■企業法務とは近年になり、企業法務というキーワードが注目を集めるようになりました。一方で、多くの方にとって、企業法務がどういった業務をさしているのか理解されていないことも事実でしょう。 企業法務とは、会社内で法律が関係する業務全般をさします。具体的な業務内容としては、契約書のリーガルチェック、顧客や解雇した元従業...

  • 交通事故問題で弁護士に相談できること

    交通事故において、弁護士に相談できることは、数多くあります。たとえば、過失割合については、過去の裁判例をもとに算出する必要がありますから、弁護士に相談することで提示された過失割合が適切かどうか判断することができます。このほか、保険会社との示談交渉、損害賠償項目のリストアップ、損害賠償額の算出、後遺障害等級の認定、...

  • 過失割合の重要性とは

    どうにか修正してもらうことはできないのだろうか。「交通事故の過失割合は警察が決めるものだと思っていたが、違うといわれた。過失割合が適切かどうかどのように判断すればよいのだろうか。交通事故における過失割合について、こうしたお悩みをお持ちの方は、決して少なくありません。 このページでは、交通事故にまつわる数多くのテー...

  • 逸失利益とは

    まだ若く、幼い子どももいるが、将来の収入について労災以外に補償を受けることはできるのだろうか。交通事故について、こうしたお悩みをお持ちの方は、決して少なくありません。 このページでは、交通事故にまつわる数多くのテーマのなかから、逸失利益について焦点をあて、詳しく説明してまいります。 ■逸失利益とは逸失利益とは、得...

  • 症状固定と後遺症障害認定について

    後遺症と診断された場合に気を付けるべきことは何かあるのだろうか。交通事故の被害が原因の後遺症について、こうしたお悩みをお持ちの方は、決して少なくありません。 このページでは、交通事故にまつわる数多くのテーマのなかから、症状固定と後遺障害認定について焦点をあて、詳しく説明してまいります。 ■交通事故による後遺症とは...

  • 示談交渉を弁護士に依頼するメリット

    ■示談交渉とは示談交渉とは、民事上の問題について、当事者同士が合意することによる解決を目指す、話し合いのことをさします。示談交渉は交通事故だけではなく、企業間の契約トラブルや、不法行為によるトラブルにおいても、利用されています。示談が成立すると、その内容を示談書にまとめます。 交通事故における示談交渉は、現在、保...

  • 相続問題を弁護士に相談するメリット

    相続に関する手続きや問題で弁護士がお手伝いできることは多々あります。たとえば、相続が開始すると、相続財産の調査や相続人調査を行います。これを正確に行わなければ、後の遺産分割が円滑、正確に行われません。遺産分割の場においても、相続財産が不動産であるなど評価額が難しい場合や、相続人の仲がそもそも不仲である場合には、話...

  • 成年後見制度と家族信託の違いとは

    成年後見制度とは、高齢者など判断能力の不十分な人に対してその財産管理や法律行為のサポートをする制度のことです。成年後見制度とは、法定後見人と任意後見人に分かれます。法定後見人は、判断能力が下がった後において、家庭裁判所に申し立てて後見人を選任し、後見を開始させます。一方任意後見人は判断能力が下がる前にあらかじめ選...

  • 法定相続分と遺留分について

    このように法定相続分とは、法が定めた相続人が相続する財産の割合のことをいいます。法定相続分の規定は民法900条に規定があります。たとえば、子と配偶者が相続をする場合、その相続分は2分の1ずつです。子全体で2分の1の相続分となるため、子が2人いる場合はそれぞれ法定相続分は4分の1ということになります。一方で遺留分と...

  • 遺産分割協議とは

    協議が有効であるにも関わらずやり直す場合には、相続人全員の同意が必要になります、また、調停において遺産分割協議を行った場合は、同意がある場合でもやり直すことはできません。 遺産分割は相続人間でトラブルが生じやすい手続きの一つです。また、相続財産に不動産が含まれている場合には、評価額の算定をしなければならないなど、...

  • 交通事故の被害者が死亡した場合

    また、民事責任とは、遺族から慰謝料等の損害賠償請求されたときに負う責任です。葬儀費用や精神的苦痛による慰謝料、死亡によって将来得られるはずだった逸失利益等が損害賠償請求の内容です。 交通事故の被害者はもちろん損害賠償請求の示談交渉や訴訟において弁護士を依頼することができます。通常示談交渉の相手方は、交渉に長けてい...

  • 逸失利益の計算方法

    逸失利益とは、交通事故における被害者が、その交通事故による被害がなければ将来的に得られたであろう利益を指します。逸失利益には「後遺障害逸失利益」と「死亡逸失利益」の2種類が存在し、「後遺障害逸失利益」は後遺障害がなければ得られたであろう利益、「死亡逸失利益」は被害者が死亡しなければ得られたであろう利益を指します。...

  • 遺言書の種類と作成方法

    自筆証書遺言とは、遺言者が生前に自ら作成する遺言書のことをいいます。具体的な書き方として、遺言者が遺言全文に加え日付と氏名をペンで自書し、押印をすることによって作成されます。特別な手続きを要することなく遺言書を作成することができる方法であるため、最も利用しやすいものであるといえます。また、2020年7月からは法務...

  • 債権回収を弁護士に依頼するメリット

    企業法務において、債権の回収を弁護士に依頼するメリットとは何でしょうか。 まず第一に、メリットとなる点としては、債権の回収にかかる時間や労力を節約できることがあげられます。企業内だけで債権回収を行うには、債権回収のための知識の習得や、様々な手続きに時間や労力を要し、結果的には企業としての生産性・業務効率の悪化につ...

  • SDGsと企業法務

    SDGsとは、持続可能な17の開発目標です。目標の中には、エネルギーへのアクセスの確保、経済成長の推進、環境保護、ジェンダーの平等などの内容が含まれます。これらの目標を達成するためには、事業環境の変化が必要であり、その変化に対応すべく、企業の変化も求められるようになっています。SDGsを推進することは企業にとって...

  • 遺留分減殺請求の時効

    遺留分とは、特定の法定相続人に定められた最低限確保できる相続分のことですが、兄弟姉妹には認められていないので注意が必要です。また、遺留分減殺請求と異なり、現物返還ではなく金銭返還となっています。遺留分侵害額請求権には時効があります。相続開始と遺留分侵害の事実を知ってから1年以内に請求することが必要です。また、たと...

  • 景品表示法とは?規制内容やペナルティなどわかりやすく解説

    景品表示法」は、正式名称を「不当景品類及び不当表示防止法」とする昭和37年に成立した法律です。我々消費者は、商品やサービスを購入する際に、実際より誇大な表示をされていたり、過大な景品付きで販売がなされると、適切な判断をすることができず、不測の不利益を被る可能性があります。そこで、景品表示法は、商品やサービスの品...

  • 人身事故の示談交渉において知っておくべきポイントとは

    示談交渉を行う際に最初に行うべきことは、加害者の加入している保険会社と交渉を開始することです。そして、人身事故によって負った症状によっては、後遺障害等級を申請します。弁護士に依頼すると、事故で生じた損害賠償金額を弁護士が計算して、加害者加入の保険会社と交渉を進めます。弁護士と保険会社との示談が成立すると、示談書が...

  • 相続放棄の基礎知識|手続き方法や期限、注意点など

    「相続放棄」とは、亡くなった故人の遺した財産を法定相続人が一切承継しない場合に行う意思表示のことをいいます。この手続きは、故人が借金などのマイナスの財産を有していた場合に、これを承継したくないというような場合に用いられます。また、法定相続人である兄弟姉妹間の相続トラブルに巻き込まれないように相続放棄を行う場合もあ...

よく検索されるキーワードSearch Keyword

弁護士紹介Lawer

大澤栄一弁護士の写真

問題を抱えたお一人おひとりのお話を丁寧に聞き取り、相談を終えた後には、笑顔で家路につけるような対応を心がけております。事案によっては、複数の弁護士がチームを組んで依頼者様を強力にサポート致します。

  • 弁護士
    大澤 栄一(おおさわ ええいち)
  • 経歴
    • 平成12年4月 弁護士登録、新麹町法律事務所入所
    • 平成17年3月(~平成18年2月)日本弁護士連合会代議員
    • 平成17年4月(~平成18年3月)東京弁護士会常議員
    • 平成21年12月(~平成25年11月)東京弁護士会綱紀委員
    • 平成25年4月(~平成26年3月)関東弁護士連合会理事
    • 平成27年4月(~現在)関東弁護士連合会「法曹倫理教育に関する委員会」事務局長
    • 平成30年4月 (~現在) 東京都弁護士協同組合 総代 現在に至る

事務所概要Office Overview

名称 新麹町法律事務所
代表者 大澤 栄一(おおさわ ええいち)
所在地 〒102-0083 東京都千代田区麹町3-7-4 秩父屋ビル5F
TEL・FAX TEL:03-3234-0511 / FAX:03-3234-0510
対応時間 平日 / 9:30~17:30まで ※事前予約で時間外の対応可能
定休日 土・日・祝 ※事前予約で休日も対応可能
事務所外観