法人 裁判

  • 企業法務の業務内容とは

    具体的な業務内容としては、契約書のリーガルチェック、顧客や解雇した元従業員との訴訟(裁判)対応、取引先からの債権回収、株主総会や取締役会の事務局対応など、非常に幅広いものです。ときには、社員から個人的な相談を受けることもあります。 法人である会社は、その成り立ちから事業活動に至るまで法律が関係しているため、企業法...

  • 離婚

    調停離婚とは、家庭裁判所で行われる夫婦関係調整調停を利用して、夫婦が離婚やその条件について合意することで成立させる離婚のことをさします。夫婦関係調整調停は一般に離婚調停とよばれており、家庭裁判所へ必要書類とともに申し立てることで利用することができます。離婚調停においては、調停員に対してのみ自分の意見を述べ、相手の...

  • 自己破産

    自己破産とは、裁判所に破産申立書の提出をし、借金をゼロにするための免責許可を求めることをいいます。これは、裁判所において債務の支払いが不能と判断された場合に免責されます。借金の額や債務者の収入、資産の状況等から総合的に判断されます。自己破産をする場合、家や車など財産がある場合には、それらを処分して債権者に配当しな...

  • 顧問弁護士がいるメリット

    また、法人同士の契約トラブルなどでは初動が遅れると損失が拡大していくことも多くあります。顧問弁護士がいれば、スピーディーかつトータルコストを抑えて相談することができます。 2つ目は、顧問弁護士が会社にとって相談しやすく信頼できる弁護士になるという点です。相談する弁護士が変わると、契約書のリーガルチェックなどの法律...

  • 交通事故問題で弁護士に相談できること

    たとえば、過失割合については、過去の裁判例をもとに算出する必要がありますから、弁護士に相談することで提示された過失割合が適切かどうか判断することができます。このほか、保険会社との示談交渉、損害賠償項目のリストアップ、損害賠償額の算出、後遺障害等級の認定、慰謝料や逸失利益の計算など、数多くのことを弁護士に相談するこ...

  • 過失割合の重要性とは

    過失割合は、過去に発生した今回の事故と類似の事故の裁判例などをもとに算出されるものです。そのため、十分な法律と裁判例についての知識が必要になります。したがって、交通事故について多くの案件に対応している保険会社といえども、絶対に正しいとは言い切れず、より適切な過失割合を主張できる可能性があるのです。 過失割合は、前...

  • 示談交渉を弁護士に依頼するメリット

    たとえば、示談交渉の争点としてよくある過失割合について、その決定には過去に発生した類似の交通事故の裁判例などをもとに算定することが必要であり、弁護士の知識や経験が大きなアドバンテージとなります。また、相手側の主張を否定したり、こちらの主張を論理的に説明したりするために、適切な証拠を用いて、スムーズに議論することが...

  • 相続問題を弁護士に相談するメリット

    トラブルに発展した場合、単なる親族間での話し合いではなく、家庭裁判所の調停において遺産分割することになるため、法的知識のある弁護士に交渉してもらう方が良いといえます。また、相続人の遺留分を侵害する形で遺産分割された場合は、遺留分侵害額請求をするなど、法的措置を講ずることもあります。手続き面としても、相続不動産の相...

  • 成年後見制度と家族信託の違いとは

    法定後見人は、判断能力が下がった後において、家庭裁判所に申し立てて後見人を選任し、後見を開始させます。一方任意後見人は判断能力が下がる前にあらかじめ選任し後見契約を結んでおき、将来判断能力が低下したときに後見が開始します。一方で家族信託とは、家庭裁判所を通さずに家族間で財産の管理をする制度です。家族信託の方が、あ...

  • 遺産分割協議とは

    どうしても話し合いがまとまらなかった場合は、家庭裁判所に申立てて遺産分割調停を開くことになります。遺産分割協議はやり直すことも可能です。もっとも、簡単にやり直せるとすると法的安定性が図れないため、やり直しには条件があります。たとえば、新たな相続財産が見つかった場合や、相続人が全員揃っていなかった場合などは、そもそ...

よく検索されるキーワードSearch Keyword

弁護士紹介Lawer

大澤栄一弁護士の写真

問題を抱えたお一人おひとりのお話を丁寧に聞き取り、相談を終えた後には、笑顔で家路につけるような対応を心がけております。事案によっては、複数の弁護士がチームを組んで依頼者様を強力にサポート致します。

  • 弁護士
    大澤 栄一(おおさわ ええいち)
  • 経歴
    • 平成12年4月 弁護士登録、新麹町法律事務所入所
    • 平成17年3月(~平成18年2月)日本弁護士連合会代議員
    • 平成17年4月(~平成18年3月)東京弁護士会常議員
    • 平成21年12月(~平成25年11月)東京弁護士会綱紀委員
    • 平成25年4月(~平成26年3月)関東弁護士連合会理事
    • 平成27年4月(~現在)関東弁護士連合会「法曹倫理教育に関する委員会」事務局長
    • 平成30年4月 (~現在) 東京都弁護士協同組合 総代 現在に至る

事務所概要Office Overview

名称 新麹町法律事務所
代表者 大澤 栄一(おおさわ ええいち)
所在地 〒102-0083 東京都千代田区麹町3-7-4 秩父屋ビル5F
TEL・FAX TEL:03-3234-0511 / FAX:03-3234-0510
対応時間 平日 / 9:30~17:30まで ※事前予約で時間外の対応可能
定休日 土・日・祝 ※事前予約で休日も対応可能
事務所外観